ワインは食事の際に飲むお酒としておすすめ

ワインは食事の際に飲むお酒としておすすめ

ワインは、種類が多すぎてどれを選べばいいのか迷ってしまうことも少なくないですが、基本的には食事の際に飲むお酒としておすすめなので、一緒に食べる料理に合わせて選ぶことがポイントになってきます。
ワインと料理の相性はマリアージュとも呼ばれており、ビールや焼酎などといった他のお酒と比較しても一緒に食べる料理によってその風味や味わいが劇的に変化するお酒なので、食事の際に飲むお酒としてこれ以上のものはないといえます。
こってりとした料理には濃くて重いワインが合いますし、さっぱりした料理にはスッキリと軽い味わいのものが合います。
さらに味の方向性を合わせることも大切で、揚げ物にはさっぱりとしたものを合わせることで口の中をスッキリさせることができますし、辛い料理には甘口ワインを飲むことで辛さがまろやかになります。
また、どれを合わせればよいのか分からない場合はスパークリングを選ぶのもおすすめで、スパークリングは合わない食材が少ないのでどんな場面の料理でも美味しく味わうことができます。

ワインに合う料理は洋食だけではなく意外な物も

ワインに合うのは洋食だけといったイメージを持つ人も少なくありませんが、実は様々な料理に合うと知っていましたか。
例えば中華料理の麻婆豆腐は餃子や赤ワインとの相性がいいといわれています。
バンバンジーなどのさっぱり系や、海鮮系は辛口の白ワインと食べると口の中がさっぱりするといわれ、肉を使った物にはロゼや赤がいいです。
アジア系のトムヤムクンやカオマンガイなども相性の良い物があります。
トムヤムクンはロゼや軽めの赤がいいといわれており、カオマンガイは白がすっきりとした後味になる可能性が高いです。
日本でも鳥の照り焼きや豚肉の生姜焼きなどは比較的美味しいといわれており、鶏の照り焼きは白やロゼ、豚肉の生姜焼きには赤がいいといいます。
和食は一見ミスマッチのように見えますが、種類により双方のおいしさを引き出してくれる可能性があるため、好みの物が見つかるよう、試してみませんか。
友人同士でホームパーティーを開いて持ち寄り、試してみるのもいいでしょう。

ワインに関する情報サイト
ワインを美味しく飲むためのポイント

このサイトではワインを嗜んでみたいが、敷居が高いように感じて挑戦することができない初心者のために参考になる情報を紹介していきます。お酒が苦手な人でも美味しく飲むためのポイントなども、分かりやすく解説していくので実際に飲むときに参考になるはずです。食事のときに選ぶと最適なお酒でもあるような特徴もありますから、その理由も丁寧に説明していきます。また商品を購入するときは信頼できるショップを利用するといいのですが、そのような点も解説していきますから安全に買えるようになるはずです。

Search